第17回かいごの会合~音楽との融合~を開催しました。

今回は、サキアンドザファクターをお招きして
音楽と介護について学びました

一部と二部構成のLIVEだったんですが
無茶ぶりのアンコールまで引き受けてくれて
最高の夜を過ごせました

参加した人達は帰りにCD買って帰ったので
今日車の中で聞くんだろうなあ

やっぱりさ
生のLIVEは最高だね

あの生の音の衝撃

感覚として体感として実感として
ずっと残ってるもんね

好きな事をして生きよう
好きな事に時間を使おう
好きな子とお喋りしよう
好きな曲を聴こう
自分の好きに正直になろう

そして

自分自身を大切にしたら
すぐ近くの人
周りの人から
愛を送り始めよう

love & Peace

ガンジーにはなれないし
テレサみたいにも出来ないけど

僕達にしか出来ないことがあると思うんだ

第14回かいごの会合~はいこんちょ1周年記念セミナー~を開催しました。

早いもので、宅老所はいこんちょが開設してから来月で1年が経ちました。

楽しく1年やってこれたのも、はいこんちょを応援してくれた皆さんのおかげです。

いつもありがとうございます。

感謝の想いをカタチにしたくて、

この度、1周年記念介護セミナーを開催しました。

 

☆宅老所はいこんちょ1周年記念介護セミナー☆

5月30日土曜日13時30分~16時30分
場所 坂田山市民文化センター大会議室
定員 限定100名  参加費 2000円

13時30分~14時 実践報告

「2児のパパがデイサービスを始めて1年が経ちました」小林敏志(宅老所はいこんちょ管理者)

14時~15時15分 記念講演

「介護の専門性とは何か」三好春樹氏 (生活とリハビリ研究所代表)

15時30分~16時30分 記念講演

「認知症ケアの基本」三好春樹氏 (生活とリハビリ研究所代表)

☆懇親会☆(第14回かいごの会合)

18時~19時 「介護職よ北欧よりインドへ行こう」三好春樹氏
19時~21時 「三好さんを囲んでお食事会」
場所 お食事亭きん太(御成橋) 飲食代3000円

第13回かいごの会合~認知症サポーター養成講座~を開催しました。

先日のかいごの会合~認知症サポーター養成講座~
の懇親会の写真です。
かいごの会合できん太さんの1階の座敷がこんなに満員になったのは初めてです(笑)
皆さん凄いパワーでした。

いつもは、一次会でも集合写真を撮影するんですが、今回は忘れちゃいました。残念。

来月のかいごの会合のお知らせ

5月のかいごの会合(はいこんちょ一周年記念介護セミナー懇親会)
日時 5月30日18時~21時頃
場所 お食事亭きん太2階
スペシャルゲスト 三好春樹氏(生活とリハビリ研究所代表)
飲食代 3000円
内容
18時~19時 特別講演(介護職よ北欧よりインドへ行こう)三好春樹氏
19時~21時頃 三好さんを囲んでお食事会
参加資格 なんかおもしろそうって思ったアナタとアナタの周りの人

すでに20名の参加が決まっています。
お楽しみに~(^^)/~~~

あっお申し込みは、はいこんちょ小林か小林と連絡取れそうな人までお願いしまーす♪
0289―78―4347

第12回かいごの会合~介助技術編~を開催しました。

12.jpg

平成27年3月13日19時~21時
情報センターにて開催しました。

 

今回は千葉県南房総市から安房介護一揆代表の渡辺さんをお招きして介助技術講習を開催しました。

参加者は、なんと30名近く来ました。

花の金曜日の夜なのに、鹿沼、栃木県の介護関係者すげー!!!

 

子供がいて

子守してくれる素敵なパパがいて

特養、老健、サ高住、デイサービス、居宅の介護職、看護職、ケアマネ、管理者、相談員

福祉用具相談員、介護している家族さん、学生さん、

今までにない勉強会となりました。

 

介護とは

技術なんていらないんだ

必要なのはあなたの思いなんだよ

このおばあさんのために

あのおじいさんのために

って頭に浮かんでから技術を覚えてください。

 

笑いあり涙あり(五人くらい泣いてました)

まるで映画館にでもきたような勉強会でした。

 

渡辺さん遠くから来てくれてありがとうございました。

(介護なめんなよ)

また今日も新しい物語がはじまる。

 

第11回かいごの会合を開催しました。

11.jpg

 ゲストの川田さんからいろんな話を聞かせていただきましたが、

一番印象に残っていることは、経営はもちろん大切。

でも結局は自分が何をしたいかが大切。

 

必要としているニーズに応えられるか、そこが独立する前も

独立した後も、思いとして残っている。

結局は、独立したかしないかが重要ではなく

自分がやりたいことができるか

必要とするニーズに応えることが出来るか

が大切なんだということを教わりました。

 

2次会に残った人達で話をしたんですが、

4月17日に認知症サポーター講座を開催したいと思います。

 

今までにない面白い内容でやりたいと思っています。

講師陣の皆さんは、無報酬で行います

それでも、地域や社会がより良くなっていったらという

想いでやっちゃおうということになりました。

 

行政の人ともタッグを組んで、講師陣それぞれ好き勝手に話そうと思っています。

もし、ご興味ある方はぜひぜひお越しください♪

開催報告でしたあ。

第10回かいごの会合を開催しました。

今回は神奈川県の介護士はぎさんより、30年前の介護と介護保険後の介護についてお話を聞かせて頂きました。


30年間介護を続けてこられた人の話を聞くことで、介護の歴史を知ることが出来ました。
過去を知るという事は、未来を知ることだと改めて感じました。

2次会では、宮島さんからフリーランスのお仕事についてお話を伺いました。

 

「なぜ介護の仕事を始めたんですか?」
宮島さんが参加者の皆さんに聞いてくれました。

ひとり、ひとりの介護をはじめた時の思い、この仕事をしようとした思いが聞けて、、、
中には、泣ける話をしてくれた人もいて、凄く感動しちゃいました。

介護を長く続ける秘訣は、仕事を長く続ける秘訣は、なぜこの仕事を自分は生業としたのかを、声に出して誰かに伝えてみる事が大切なんだなあって思いました。
そして、介護の仕事の先人たちの思いを知ったり、他の人の考えを知ることが、未来への希望になるんだなあって思いました。

かいごの会合初の、勉強会~懇親会~二次会と全員参加でした!
気づいたら23時( ゚Д゚)
熱い人達と熱い話が出来て熱くなりました☆

お忙しい中、参加してくれた皆さんありがとうございました。

次回は、2月24日火曜日19時~

スペシャルゲストにソーシャルワーク鹿沼代表の川田さんが来ます。
最初から食事会スタイルでいきます!!
食べて飲んで語って笑って、そして川田さんに質問しまくって楽しみましょう!

興味ある方は、予定あけといてくださいねー☆

前回のかいごの会合の宴たけなわ風景です(笑)今日の夜、かいごの会合開催します。先ほど連絡ありドタサン(土壇場参加)1名決定しましたあ☆まだ間に合いますので、ドタサンの方ははいこんちょ小林まで~かいごの会合のおもしろいところは、毎回メンバーが半分以上違うってところです(*^-^*)だから、会合の雰囲気も毎回微妙に違う。ふつうの会合と違うところは、参加者がみんな喋る喋る(笑)自発的参加恐るべし。全員とお話しするには、二時間じゃ足りないなあ(笑)

Posted by 宅老所はいこんちょ on 2015年2月23日

第9回かいごの会合を開催しました~その2~

※その1はFacebookに載っているので良かったら見てください。

 
今回は、病院の栄養士さんをお招きして開催しました。
 
生活づくりの食事ケアをしていくうえで、とても大切な事を教わる事が出来ました。
 
それは、その人の生活や人生を見て、その人に合った食事というものを考えていかなくてはいけないという事。 当たり前だけど、当たり前じゃない。 栄養士さんのお話。
 
「私は以前、糖尿病の患者さんが退院するときに、細かくきっちりと栄養指導をしたことがありました。その患者さんは、真面目な方で、しっかりと話を聞いてくれました。退院して、数か月後、患者さんは、栄養失調で運ばれてきました。

私は、数字ばかりにとらわれてしまい、その患者さんの性格や家庭環境をよく考えていなかった。だから、何を食べて良いかわからずに、低栄養になってしまった。 その経験をふまえてそれからは、患者さんの家での生活を想像し、わかりやすい食事、その人が家でも出来る食事というものを考えるようになりました。

だから、「適当でいいんですよ。」ってよく言っちゃうんですよねえ。」
 
患者さんが考えすぎてしまわないように、適当って言ってあげているのが伝わってきて、凄いなあって思いました。
 
参加した皆さんも、喜んで頂けたようで良かったです。
 

次回のかいごの会合は、(仮)1月21日(水)
 
「介護を続けていく秘訣~介護歴30年のおっちゃんが神奈川から来ます~」
ですので、興味ある方は、お越しください(*^-^*)

お待ちしていまーす☆

第8回かいごの会合~PSWと認知症について語ろう~開催報告

 

第8回かいごの会合~PSWと認知症について語ろう~開催報告

という事で、11月14日にお食事亭きん太にて開催しました。

まずは、勉強会として松本PSWより上都賀総合病院の認知症疾患センターの説明やMSWやPSWについて説明をして頂きました。

その後、質疑応答では、「認知症って薬で治せるの?」という、とてもダイレクトで、とてもみんなが知りたい内容を特養の介護リーダーが質問していました。

松本さんは、「認知症を治せる薬はまだ開発されていません。認知症の影響でご本人が、歩き回わってどこかへ行ってしまったり、怒ってしまう場合や物を集めてしまうなどの状態に対して、落ち着いてもらえるような薬とか穏やかになってもらえる薬などはあります。」と率直に答えてくださいました。

続いて、懇親会では、がっつり深いトークをしている人や子供と遊んでくれている人、鹿沼市の図書館の発展についてなど、様々な話題で盛り上がっていました。

今回の参加者も、様々な方が来てくださり、事業所の枠を超えた勉強会というタイトルにぴったりでした。いや、世代の枠や職種の枠も超えているかも(笑)

PSW,特養の介護リーダー、栄養士、PT,居宅のケアマネ、家族の介護していた人、会計事務所の介護担当、介護士,生活相談員、一般社団法人代表理事、市議会議員、デイ管理者、幼稚園児(笑)などなど

2次会では、どうすれば介護施設は良くなっていくか 3次会では、介助技術を広めるにはどうしたらよいか

熱く語り合う姿がありました。

いやー、これだけ熱い人達がいるんだから、医療、介護の世界はもっともっと良くなっていくはず。

松本さんも言っていました。

「かいごの会合にきて、いろんな人と知り合い、繋がりを作っていくことは、いざ自分や周りの人が困った時に力を貸してもらえます。だから、こういう場はとても大切なんです。」と。

お忙しい中、予定を空けて、資料を作ってくださり、ありがとうございました。 参加してくださった皆さんにもこの場を借りてお礼申し上げます。

 

次回のかいごの会合は、12月!! もしかしたら、日にちが変わるかもしれないので、わかり次第、早めにご連絡します。

第7回かいごの会合を開催しました。

(かいごの会合×井戸端げんき)

 

第7回かいごの会合in木更津

認知症ケアその4~井戸端げんきから学ぶ~

ということで、千葉県木更津市の宅老所井戸端げんきさんに見学に行きました。

お昼頃に木更津駅に到着して、噂の木更津焼きそばを食べにいきました。

休みでした。

地元の人に聞いて、大福がおいしくて有名な三好屋さんのラーメンを勧められ、食べにいきました。

休みでした。

結局、創業100年のおそば屋さんのラーメンを食べに行きました。

やってました(笑)

昔ながらの中華そばで安いし(400円)あっさりしていて美味しかったです。

そして、ついに井戸端げんきへ到着。

さっそく見学させてもらい、共有スペースで座る所を探していたら、2人掛けのソファーに座っていたおばあさんが(ここ)と声

をかけてくれて、座らせてくれました。

おばあさんありがとう♪

コタツには、男性が2人座っていておばあさんが1人寝ていて、スタッフらしき女性が記録をしていました。

側には、布団敷いて寝てる人が2人いて、女性の親子がお話ししていて、メモ帳とペンをもって正座している男性がいて、テレ

ビの前で寝転んでいるブラジル人がいて、、、、、

この10年間でたくさんの施設を見学してきましたが、ここまで誰が誰なのかわからない介護施設は初めてでした。

この人は職員?この人はボランティア?この人は利用者さん?

考えていても、よくわからず。

わからないので考えるのを止めたら、そもそも分からなくていいじゃんと言うことが分かりました。

ワサワサガヤガヤ  ワサワサガヤガヤ

心地の良いしゃべり声と隣りのおばあさんの安心感に居心地が良くて、気がつくと寝てました(笑)

見学して30分で、あっと言う間に、井戸端の場の力に魅了されました。(凄い!)

その頃、かいごの会合のもう一人の男性は、お風呂介助を手伝っていたみたいです(偉い!)

夕方になると、送迎に同行させてもらい、施設長の加藤さんや車に乗っていたおじいさんから井戸端の ケアの秘密を教えて頂き

ました。

夜の懇親会では、スタッフさんの手作りのおつまみとカレーライスをご馳走になり、お酒を片手に夜遅くまで深いお話を聞かせ

て頂きました。 明日からの介護に生かせそうなネタをたくさん教えてもらえて、嬉しくてニタニタしながら、いつの間にか寝て

ました(笑)

井戸端げんきの皆さん、僕達をありのまま受け入れてくださりありがとうございました。

またいつか、どこかでお会いしましょう!

井戸端げんきのケアの秘密や明日から活かせる介護のネタを詳しく知りたい方は、来月のかいごの会合でお会いしましょう♪

ケアの可能性は無限大!!

また、気づかないうちに、自分の周りに出来ていた壁を一枚壊すことが出来ました♪

やっほー(*^O^*)

第6回かいごの会合を開催しました。

今回のテーマは、認知症ケアその3~家族の気持ち~と題して、鹿沼市の介護者の会の西澤さんと笠原さんをお呼びして、認知症の家族を介護する気持ちや介護者の会の20年間の歴史についてお話を伺いました。

勉強会中、僕は妻が参加していた為、きん太さんのお店の前で子供たちと遊んでました。

後半の懇親会には参加して、皆さんの熱い話が聞けて嬉しかったです。

参加された人達の感想。

「普段なかなか聞くことの出来ない家族の本音が聞けて貴重な体験が出来ました。」

「今日自分は生まれ変わりました。話を聞いてあーこうすればいいんだ。ということがわかりました。ありがとうございます。」

「普段、事業所の中で仕事をしているので、こういった場所でいろんな立場の人の話が聞けて良かったです。」

「介護に対する熱い思いを感じ、嬉しかったです。」

などなど。

今回も鹿沼市、栃木市、真岡市、宇都宮市、そして、なんと那須塩原市からもかいごの会合に興味を持って参加してくれました。

職場の会議が終わってから21時近くに参加してくれた方までいました。

皆さん忙しい中、足を運んでくれて本当にありがとうございます!!

気づいたら予定時間を大幅に過ぎ、22時近くになってしまい、西澤さんと笠原さんすみませんでした。

今回自分が一番テンションがあがったのは、懇親会の最初に参加者一人一人が自己紹介していて、西澤さんが介護者の会みたいに話を聞いてくれたり膨らましてくれたりして、笠原さんが家族の視点から質問をしてくれているシーンです。

介護者の会大ファンである(はいこんちょの小林)にとっては、たまらないシーンでした。
凄い!かいごの会合が、鹿沼市介護者の会みたいになってるー!!!
もちろんニヤニヤしてました(笑

ということで、ご覧の皆さんもかいごの会合に参加してみませんか?
どなたでも参加自由です。

 

次回は、鹿沼ぶっつけ秋祭りの関係で、10月の第3土曜日。

第7回かいごの会合in木更津
認知症ケアその4~見て学ぶ~
井戸端げんき見学ツアー
詳細は後日アップしまーす。
希望休まだ間に合う方はぜひ!
この機会をお見逃しなく☆

ページトップボタン


お知らせ①介護スタッフ募集中


パート、アルバイト募集中!!

【勤務地】

鹿沼市御成橋町(宅老所はいこんちょ)

【勤務時間】

8時30分~17時30分

※1日4h~、週2日~OK!

※土曜日・祝日働ける方大歓迎!

【休日】

シフト制

日曜日+週1日~週5日まで

【年齢】

18歳~60歳位 男女不問

【待遇】

交通費支給、処遇改善加算支給、社会保険完備、年末職員旅行有り、職員研修充実

【時給】

800円~1000円

※昇給制度有り


・経験、資格が無くてもOK

・介護に興味がある方、資格取得を目指している方 ・料理好きな方

・アロマ研修有り

 

詳細はお気軽に

0289ー78ー4347 担当:小林

までお電話ください。 相談して決めましょう!

※「ホームページを見た」とお伝え下さい。

 

お知らせ②セミナーのご案内

 

 人間学的 三好春樹の認知症介護 入門

 ~鹿沼の介護現場をもっと元気に~

 講師は県外からお越しいただきます

■主催■

雲母書房

■日時■
2017年07月02日(日曜日)10:30~15:30

■場所■
鹿沼商工会議所 第2アザレアホール
栃木県鹿沼市睦町287-16

セミナー詳細は以下をクリックしてください。
セミナー案内

会社情報

営業案内

月:8:30〜17:30
火:8:30〜17:30
水:8:30〜17:30
木:8:30〜17:30
金:8:30〜17:30
土:8:30〜17:30
日:お休み

※祝日、お盆、年末年始営業しています。

 

サービス提供地域

鹿沼市、日光市、宇都宮市

電話番号

0289ー78ー4347


「ホームページを見た」

とお伝え下さい。

所在地

〒322ー0005
鹿沼市御成橋町1-2406-8

ビバモール鹿沼から車で3分
駐車場2台あります

ご挨拶

はじめまして。代表の小林です。

宅老所はいこんちょのホームページをご覧いただきありがとうございます。

“はいこんちょ”とは、私の生まれた長野県栄村地方の方言で「御免ください」という意味があります。

人口はおよそ2000人で高齢化率47%の小さな村です。

小学生のころ、近所に住んでいる大好きなおばあちゃんとおじいちゃんの家に、学校帰りによく遊びに行きました。

その家には、いろんな人が、お茶を飲みに「はいこんちょ!」と言って集まってきます。

そして、お茶菓子を食べながら世間話をして、帰る時には皆さん笑顔で帰っていきました。

そのおばあちゃんとおじいちゃんは、「人」との関わりをとても大切にされていました。

はいこんちょも、いろんな人達に来てもらいたい。いろんな人達のお宅へ伺いたい。 そして一緒に笑い合いたい。

その思いをこめて、事業所の名前を“宅老所はいこんちょ”にしました。

来て頂いた方一人ひとりと丁寧に関わらせて頂きます。

そして、その為に知識や技術、関係性を大切にしています。

介護でお困りの事がございましたら、いつでもご相談ください。

 

宅老所はいこんちょ
代表 小林 敏志

紙面掲載履歴